高価な値段で売却できて満足!?知って得する不動産売却の基礎知識を分かりやすく解説

不動産売却で満足するためには何をすれば良いのか、よくわからない人もおおいのではないでしょうか。
不動産売却は仲介業者を利用するのが一般的ですが、不動産買取などの方法もあります。
ただ、不動産買取は仲介よりも早い段階で売れる反面、売却価格は市場相場よりも下がります。
訳あり物件や事故物件、再建築不可などのケースでは有利ですが価格で満足する場合は買取よりも仲介業者を利用して不動産売却を行った方が高く売れます。

不動産売却の販売価格は売主が決めることができます

不動産売却を検討している方は、信頼できる不動産会社を探して媒介契約を結んで売却することが一般的です。
この方法では不動産会社側で査定を行って、販売価格を決めることが行われていますが、この価格に関しては実際には売主側が決めることも可能です。
例えば不動産会社側が1,000万円と査定をしても、1,200万円で不動産売却を行うなど、少しでも高く売るには当然ながら価格を上げる方法にメリットがあります。
この価格においては売主側が高く設定をしても、実際には売れ残ってしまう可能性は否定できません。
不動産会社側が提示する額面は近隣の同じような不動産の価格を調べて決めていることが多いので、1,200万円で売却を進めたとしても売れ残る場合は結果的に1,000万円まで引き下げないと売れない可能性も十分にあります。
一方で不動産会社によっては最初から安く設定をして、短期間で売却しようと考える会社も実在しているので、この場合は売主は自ら相場価格を調べながら売価を設定することが最適ではないでしょうか。

不動産売却の価格は相場をしっかり調べることが大切

不動産売却において価格設定は非常に重要なプロセスであり、市場の相場をしっかりと調査することが欠かせません。
正確に情報を把握することで、適正な価格で物件を売り出すことが可能となり売却がスムーズに進行する可能性が高まります。
逆に無理な価格設定をしてしまうと物件が長期間売れ残るリスクがあり、最終的には価格を引き下げざるを得なくなることも考えられます。
不動産の価格は地域や物件の特性・市場の需給バランスによって大きく変動するため、常に最新の情報を基に判断することがポイントです。
適切な情報を持っていれば、売却のタイミングや価格交渉においても有利な立場を保つことができます。
不動産売却は複雑な法的手続きを伴いますが、適正な価格設定を行うことでトラブルのリスクを軽減し売却プロセスをスムーズに進行させることが可能です。
例えば購入希望者との価格交渉では、相場情報をもとに合理的な説明が行えるため信頼関係を築きやすくなります。

不動産売却は仲介業者を利用するやり方がスタンダード

不動産売却を希望する方は、通常では不動産会社に依頼をして仲介業者となって売却を進めることがスタンダードです。
不動産売却を自ら行うには書類の手続きや名義変更など煩雑な作業が必要とされ、チラシの作成や内覧者を集めるには無理が生じてしまいます。
仲介業者となる不動産会社では、自社内で宣伝を行う他、ホームページに掲載をしたり、チラシの作成をしたりと宣伝を行ってもらうことができ、書類に関してもスムーズに作業を進めることを可能にします。
内覧希望者が現れた場合では、売主側に電話で日程のやり取りをする方法になるので、負担を感じてしまうことも無くなります。
不動産会社に依頼をすると仲介手数料は発生してしまいますが、それ以上の価値を見い出せるのではないでしょうか。
個人で集客をするのは現実的ではなく、媒介契約を結んだ際には基本的に3か月以内に売却することが前提にあるので、半年から1年が経過しても売れ残ってしまうリスクを無くせることもメリットです。

仲介を利用する不動産売却は媒介契約を交わすことで始まる

手持ちの土地や建物を売却しようとする場合、個人でできることは限られています。
たとえば物件の内容を広く世の中に宣伝したりする手段は個人ではなかなか見つけることができませんし、購入希望者の内覧の準備などもおっくうです。
また売買契約を締結する場合にも、契約書の書き方や登記の依頼のしかたなどを詳細に知っている人は少ないはずです。
このように個人では難しい不動産売却の手続きは、プロの不動産会社に仲介してもらうことが可能となっています。
もしも不動産売却を依頼したいのであれば、まずは媒介契約とよばれる契約を不動産会社との間に締結することが必要となります。
この媒介契約にもいくつかの種類があり、売主自身はまったく活動せずに不動産会社にすべて委ねてしまう方法から、逆に売主自身で買主を見つけて売買契約に持ち込むことまでも想定した方法まで存在します。
いずれも成約のあかつきには所定の手数料を支払う必要がありますが、広報宣伝から書類作成までスムーズに代行してもらえるメリットは絶大なものがあります。

不動産売却で内覧者を迎える際のポイント①:第一印象をよくするために掃除と整理整頓

不動産売却で内覧者に少しでも良い印象を持ってもらうためには、掃除と整理整頓は必要不可欠です。
第一印象を良くすることでこの物件を買いたい、こんな暮らしが理想と思わせるようにしましょう。
不動産売却の申し込みをして希望者を募り、少し経つと見学したいとの申し出があります。
不動産会社の担当者と相談して、見学する日時を決める流れです。
日程が決まったら、それまでに計画的に掃除と整理整頓をしておきます。
一番汚れが目立ちやすいのは、水回りです。
キッチンやお風呂、トイレなどは徹底的に掃除をしてます。
黒ずみやカビは第一印象に影響するので、洗剤などを使って除去することが大事です。
整理整頓をする場合は目につくところに沢山の荷物は置かない、必要最低限のものだけ出しておくのがポイントです。
人に見られたくないもの、あったら印象が悪くなるなら隠してしまうのも一つの手です。
客観的にくまなく部屋の中をチェックしてから、見学者を招き入れましょう。

不動産売却で内覧者を迎える際のポイント②:部屋の匂いには要注意

住宅などの不動産を購入する人のほとんどが、実際に購入予定の物件の足を運んで内覧を行います。
そのため、不動産売却を希望している売主は購入希望者を物件に迎え入れる準備をしなければなりません。
その際に気をつけたいのが部屋の匂いです。
特に、その部屋に居住していた人がいる場合は生活臭が染みついていることが少なくありません。
人によって感じ方は異なりますが、生活臭があると購入希望者はほとんどのケースでその物件に対して否定的になります。
そうなると不動産売却を成立させることが難しくなるため、売主は内覧者が来る前に対策を講じておく必要が生じます。
まず、売却を目指すことを決めてからは定期的に物件に足を運び、換気をするべきです。
定期的に空気を入れ換えることで生活臭を減らすことが可能です。
加えて脱臭剤や消臭剤も活用して可能な限り無臭状態を保つようにしましょう。
そういった対策を行った上で、自分以外の人に匂いをチェックしてもらえば安心です。

不動産売却で内覧者を迎える際のポイント③:カーテンを開けて照明を就けて室内を明るく

理想の住まいの条件のひとつに日当たりの良さがあり、重要視する方が多い傾向にあります。
太陽光を浴びるのは気持ちが良いだけではなく、ビタミンや幸せホルモンと呼ばれているセロトニンの分泌を促すことも注目されています。
洗濯物を部屋干しした際にも、暖かな光が当たれば乾くのが早くなります。
これらの事情から不動産売却をする場合には、日当たりの良さがアピールポイントになります。
そこで購入を検討している内覧者を迎える際には、カーテンを開けて室内を明るく見せるのがおすすめです。
良い日差しが入ってくるのを見れば気持ち良さや温かさを感じるのと同時に、そこで足したらどうなるかを具体的にイメージすることができます。
その際に日照時間やそれによって得られる快適さや気分の良さなどを説明すれば、より効果的です。
ここでの印象が不動産売却を成功させるのか否かにかかっており、少しでも多くの要素を提供したいところです。
不動産売却は人間のメンタルが大きく影響することから、心を動かすのは大切なプロセスです。

不動産売却で内覧者を迎える際のポイント④:花を飾るなどおもてなしの気持ちを込める

不動産売却時にお客様を迎える際、おもてなしの気持ちを表すことは良い印象を与え、売却の成功に貢献することがあります。
花を飾るなどの方法を通じて内覧者に快適な環境を提供し、土地や物件を魅力的に見せることが重要です。
花を使用してスペースを明るく魅力的に演出できることや、生花は新鮮で自然な印象を与えて室内の雰囲気を華やかにします。
花瓶や観葉植物を配置することで、部屋のアクセントを強調できるのもベストです。
また季節に応じた装飾を用意できると、春には桜の枝やチューリップや秋には紅葉の枝やカボチャを配置することで、季節感を楽しませることができます。
内覧前に物件を掃除し整理整頓することは、清潔で整った状態で好印象を与えます。
花や装飾が美しさを引き立てるので不動産売却に好印象をもたせます。
花の香りは大切な要素で、揮発性の強い香りを避け中立的で軽やかな香りを選ぶことや、上手に芳香剤を使うことも部屋全体に心地よい香りを広げることができます。

不動産売却で内覧者を迎える際のポイント⑤:バルコニーも念入りに掃除

戸建て住宅や分譲マンションを不動産売却する際には、多くの方がエクステリアや室内側の掃除を行い、不用品を全て片付けることを行います。
少しでも綺麗で印象を良くすることで不動産売却を短期間で行うことができ、双方にとってメリットがあります。
一方でバルコニーがある戸建て住宅やマンションの場合では、忘れずに念入りに掃除をすることも大切なことです。
この空間は屋根があるものの屋外にあるので、土埃や長年にわたり付着している汚れが目立っている可能性があるので、まずは履き掃除を済ませてからバケツに水を入れて、洗浄剤とスポンジで汚れ落としをする方法は簡単なのでやるべき行動ではないでしょうか。
もしも床面が著しく劣化を起こしているような場合、ホームセンターで近似色の塗料とローラー、刷毛を購入して塗装をしておけば、新築時に近いコンディションにまで戻すことができます。
坪数による違いはありますが、塗装をしても2,000円台で済ませられるので負担も感じません。

千葉市 不動産売却に関する情報サイト
不動産売却の謎

このサイトでは、高額査定で高額売却を期待したい人に向けた知って得する不動産売却の基礎知識について初心者の方でも分かりやすく解説しています。
ここでご紹介している内容の一部には仲介業者を使う売却には媒介契約が必要で、この契約には3種類があり利用者が選択できること、3種類の中でも一般媒介契約以外は1社しか契約ができないなどの内容です。
それぞれの特徴やメリットおよびデメリットなどを知ることで自分に最適な方法が分かります。

Search